読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Happy My Life

日常とか技術とか

Android-x86 on VMwareでアプリ開発

Android Ubuntu vmware x86

先日これに近い事を質問されたので、その方法について書いてみる。

通常のAndroidバイスを使った開発であれば、AndroidとPCをUSB接続してEclipseから実行すると、設定しなくても実機へアプリが転送され、そのまま動作確認できるのだが、それと同じ事をx86Androidをターゲットにしてやってみる。

方法

VMwareのネットワーク設定は、ブリッジ接続にしておくこと。そうしないと、ホストPCから接続できない(たぶん)

次に以下の事を行っておく。

% adb kill-server
% export ADBHOST=androidIPアドレス
% adb start-server

これによってADBHOSTで指定したAndroidバイスへ接続できるようになる。

AndroidIPアドレスの確認方法は、このようなnofiticationを参考にするか

Terminal Emulator(Dev Toolアプリの一番下にあります)で

% ifconfig eth0

で確認できる。

あとは adb devices で実際に接続されているデバイスを確認して終わり。あとは、Eclipseから開発中のアプリを実行するとVMware上のx86Android上でアプリケーションが動作する。

今回のキモはadbの使い方。Androidアプリの開発者たるもの、adbの使い方はちゃんと把握しておきましょう、という事で。

VMware Fusion 3
VMware Fusion 3
アクト・ツー 2009-11-06
売り上げランキング : 378

おすすめ平均 star
star十分使えるレベルです
star4GB Memoryが必須

Amazonで詳しく見る
by G-Tools