読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Happy My Life

日常とか技術とか

Android x86をVMware Fusionにインストール

Android

新年明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。

で、年末年始にかけてAndroid x86VMWare Fusion 3にインストールしていた。

なんでも作っちゃう、かも。 x86 Android Donut on VMwareを参考にしながら、ソースからインストール

Android-x86ソースコードの取得

$ mkdir android-x86
$ cd android-x86
$ repo init -u git://git.android-x86.org/platform/manifest.git
$ repo sync

2010/02/08 リポジトリのpathを変更しました

ビルド

$ make -j4 usb_img TARGET_PRODUCT=eeepc

仮想ディスクの作成

$ qemu-img convert out/target/product/eeepc/eeepc_usb.img -O vmdk installer.vmdk
$ qemu-img create -f vmdk android.vmdk 4G

と、ここまでは同じ。

VMwareで新規仮想マシンを作成

新規で作成し、オペレーティングシステムLinux - その他のLinux 2.6.x カーネルで作成する。あとは、適当にこんな感じで。今回はandroid-x86.vmwarevmと名前をつけて作成した。

VMwareIDEディスクの設定

先程作成したinstaller.vmdk, android.vmdkは、android-x86.vmwarevm以下にコピーし

ide0:0.present = "true"ide0:0.fileName = "android.vmdk"ide0:1.present = "true"ide0:1.fileName = "installer.vmdk"

vmxファイルに追加した。不要な定義は後で削除できるので、今回はそのままで。

BIOSの設定変更

今回は、primary slaveから起動する必要がある。こんな感じで。

起動後

0: sysloaderを選択

一番下のInstallationを選択

パーティションを作成

パーティションを作成する必要がある。Create/Modify partitionsを選択。

こんな感じでパーティション作成

sda1にインストール

無用なトラブルを避けたいのでext3でフォーマット GRUBのインストールもyes、とにかくデフォルトで進める。リブートした後はBIOSの設定をPrimary Masterが優先して起動するように変更

で、このGRUB画面が表示されればOK。メニューを選択するとAndroid for x86が起動する

日本語環境が...

日本語入力環境が無い事には使いものにならないので、とりあえずOpenWnnをビルドしてインストール

@androidzaurus氏の事前の指摘通り、動かない。次にSimeji for x86を作成しようと悪戦苦闘。と、twitterでつぶやいていると、OpenWnnのx86のsoファイルを用意したら、simejiのパッケージ作るよー、とありがたい言葉が。

で、何度かのやりとりの後、見事simejiがAndroid for x86で動くようになった。感謝 > @adamrocker

このあたりの顛末は、throw Life - x86で動くSimejiを見ていただくとよいかと。ダウンロードもできます。

これで、ぐっとAndroid for x86の実用性が一歩前進した。すんごく嬉しい。

VMware Fusion 3
VMware Fusion 3
アクト・ツー 2009-11-06
売り上げランキング : 123

おすすめ平均 star
star十分使えるレベルです
star4GB Memoryが必須

Amazonで詳しく見る
by G-Tools