Happy My Life

日常とか技術とか

MonoTouchが超楽しみ

C#でiPhone開発!MonoTouch Beta ファーストインプレッション - backyard of 伊勢的新常識で初めて知った。楽しみだなー。フリーじゃないのが残念だけど、仕方ないね。そんなに高くなければ買っちゃうかも。

これを使えば、私の場合はiPhoneアプリの精神的な開発の負荷が下がる。C#の方が圧倒的に得意ってのもあるのだが、iPhoneアプリの苦手な点と言えばObjective-CよりiPhoneのライブラリの方が苦手。

このメソッドは普通実装されているでしょ、という物がモバイル向けライブラリらしくバシバシ削られていて、泣く泣く低レベルなライブラリで操作しなきゃいけない、ってのがどうも…。このあたりは、.Net Compact Frameworkにも同様の事が言える。.Net Frameworkの(かなり)機能縮小版だし。

この壁を乘り越えていけば、iPhoneアプリも難しくないと思うのだが、私には乘り越えるには高い壁…。で、MonoTouchが、この壁をちょっとでも低くしてくれるとうれしいな、と期待する訳で(それを越えたら、別の壁もあるのだが、それはまた別の機会に)

気になる点

MonoTouchベータ版を使えば、機能的な不安が氷解すると思うのだが、このMonoTouchの存在自体に気がついたのはここ最近なので。あとは販売を待つしかない状況。

  • 機能

よくあるのが、ネイティブな開発環境じゃないので扱えるレベルが限られるというパターン。入門レベルの事をしたいのならば確かに楽にできるんだけど、ちょっと本格的な事をしようとすると、急に複雑になる(もしくは不可能)ってありがち。MonoTouchはそうじゃないと信じているが、はたして…。

  • 価格

このアプリは、iPhoneアプリの開発環境の裾野を広げる為に開発されたのではなく、特定企業向け等のビジネスアプリを開発するためのものだと睨んでいる。

ので、値段は個人では高いが、企業としては安いという価格ではないかと。うーん、20万円ぐらい? パーソナルライセンスなども提供してくれないかな。

  • Appleから提供されるSDKのバージョンアップ後の対応

ここもどうなるのだろう。まー、iPhoneOS SDK 3.x系の対応はパッチで対応できるだろうが、4.x系へのメジャーバージョンアップの対応となると、それなりに手を入れないといけないので、バージョンアップ費用も発生するだろうな、など。

発売は今週?

9月第2週に発売される予定、って今週じゃん。正式発表を楽しみに待つ事にしようか。