読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Happy My Life

日常とか技術とか

linode.comと契約してみた

datacenter porn 前回の続き。移行するVPSサービスをいろいろと調べてみた。結局はlinode.comと契約したのだが、そこに至るまでの経過なんかをここに書いてみる。

最初は国内のサービスから。

国内のVPSサービス

国内にも、いくつかVPSを提供している企業があるのだが、検討した結果、国内のVPS業者とは契約しない方がよいのでは、という結論に。

その理由として。

  • ディストリビューションの選択肢が少ない(CentOS/Redhatのみ)
  • 月額料金が海外VPSと比較して高価(HDD 20G/RAM 768MBで9000円もする)
  • 国内企業の安価なVPSサービスは、いい評判を聞かない...(回線速度、サポート等)

など。まあ、個人的にはUbuntuが使えない時点でアウトなんだが。

どうしても「国内にサーバを持ちたい」「サポートは日本語が通じなきゃヤダ」という事であれば、VPSではなく さくらインターネット の専用サーバ エントリーを勧める。

スペックは

HDD メモリ OS 月額
160GB 1GB CentOS 5 7800円

なので下手な国内のVPSを借りるよりは、よっぽどお勧めできる。GREEmixiさくらインターネット 使ってるし。

今回は、そこまで費用を掛けるつもりがない(し、Ubuntuじゃない)ので見送り。

海外のVPS

という事で海外のVPSサービスで探してみる。いろいろ選択肢はあるはずなんだが、最終的にはslicehostlinode.comのどちらかという結論になりがち。

どちらのVSPも

という国内ではありえない好条件。

linode.comの良いところ(slicehostと比べて)

契約後、少しlinode.comを使ってみたのだが、slicehostよりいい感じ。これはいいかも、という事でその良いところなんかを。

コストパフォーマンスがよい

最も安いプランで比較してみると

site HDD メモリ 月額
slicehost 10GB 256MB $20.00
linode.com 10GB 360MB $19.95

と、slicehostに対抗心メラメラなのがよく分かる。見てのとおりlinode.comの勝利。もうちょっとランクを上げてみても

site HDD メモリ 月額
slicehost 20GB 512MB $38.00
linode.com 24GB 720MB $39.95

と、slicehostとの差は広がる一方。slicehost危うし。

ネットワークが近い

日本からの訪問者がWebサーバにアクセスしに来た時はもちろん、SSH接続してゴニョゴニョするときも、レスポンスが良い方がいいわけで(流石に国内サーバには負けるが) 、実際どれだけのレスポンス速度なのかを調べてみた。調べた結果が下の表(ping10回平均)

データセンター ホスト名 time
Linode Newark, NJ, USA newark73.linode.com 236ms
Atlanta, GA, USA atlanta48.linode.com 227ms
Dallas, TX, USA dallas111.linode.com 198ms
Fremont, CA, USA fremont49.linode.com 153ms
Slicehost slicehost.com 198ms

と、slicehostよりレスポンスの良いデータセンターが存在する。linode.comはデータセンターが自由に選択できるので、迷わずFremontを選ぶべし。

Linode.com - What’s available where?で、データセンターの空きを調べられるが、もし契約時にFemontに空きが無くても後でデータセンターの移動が可能。契約を先延ばしする必要もない。とりあえずDallasで申し込んでおいて、後でFremontに移動したらいいだけ。VPSってこういう事ができるから好きなんだなー。

契約終了後、いろいろ設定しないといけないのだが、それは次回へ。