読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Happy My Life

日常とか技術とか

iPhone開発者から見たAndroid開発

Android_market iPhone開発者とはいえまだ1本リリースしていないのだが。先日Android開発本も届いたので、サンプルを動かしてみた。ここで気付いた事をいくつか上げてみる。触りをちょこっと動かしただけなので事実誤認もあるかもしれない。それは随時訂正する事に。

開発はEclipse以外でも可能

様々なサイトで紹介されているAndroid開発入門記事では殆どの場合Eclipseの設定から紹介されているので、Eclipseじゃないと開発できないの? とか思っている人も多い気がするけど、実際はそんな事もなくAndroid plugin for NetBeans ? Project KenaiというNetBeans用のプラグインがあったり、Emacs(SDKandroid.elが入っていた!)でも開発できる。たぶんviでも開発できるんじゃないかと。

GUIの画面設計ツールがない

iPhone開発だとInterfaceBuilderというGUI画面設計ツールがあるのだが、Androidにはそんなものは存在せずすべてxmlで定義。画面が小さいのでGUIで画面設計ができなくても大した問題じゃないし、逆にiPhoneだとInterfaceBuilderの設定でハマる事も多々発生するので、xmlで内容が明確に分かる方がハマりは少ないはず。

リファレンスマニュアルがHTMLのみ

個人的にはこれが一番辛い。「確かこんな風なメソッド名だったはず」とうろ覚えのメソッド名で検索する事がよくあるので、これをHTMLから全文検索しろってのは酷な話。 てっとり早くHTMLヘルプにしてしまうか、あとはspotlight検索(WinならGoogleDesktopなど)した方が早そうだな、と。だれかマニュアル閲覧整備してー(他力本願)

ソースコードを眺めて

Javaなので読みやすい(Javaとは認めていないとsunの中の人が言ってた)。とにかく読みやすい。すんなり頭に入る。C#でさんざんコード書いていた経験もあるからだろうけど(Javaはあんまり知らない)

日本でも開発者人口や開発の難易度

開発の難易度はAndroidのほうがiPhoneより易しい。ただ、日本ではG1未発売、日本語でのAndroid開発情報が少ない事もあって、開発者はまだそんなに多くない(はず)。日本Androidの会(日本アンドロイドの会)はありますが。

今後の予測

先に書いたようにJava素人な私でもObjective-Cより読みやすく、また国内でのJavaの開発者人口も考えると、いったん火がつけば開発者の増加率(=アプリの増加率)はiPhoneの比ではない事は明らか。

なので、Androidアプリ開発計画があるのならば、今すぐに開始して国内でのAndroid携帯リリースと同時にアプリをリリース、その時点でライバルより頭一つ抜けだしていないと成功するのは難しいんじゃないかと。

そんな感じですかね。金沢で勉強会もあるらしいので、それには参加する予定にしてます。