読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Happy My Life

日常とか技術とか

gitでRailsのプロジェクトを管理してみる その2

前回の続き。

今回は、レポジトリの取得からコミットまでの流れを説明。

途中からプロジェクトに参加した人が最初にすることは、gitレポジトリの取得

user@mypc:$git clone ssh://gitpc/home/git/railsproj.git

あとは、好きなように編集してもらって、一通り終ったらコミット

user@mypc:$git commit -a

最後の-aは忘れないように。 コミットすると、エディタ(たぶんvi。もちろん変更は可能)が自動的に起動してコメントを記述して保存。 エディタの起動がうっとうしい場合は

user@mypc:$git commit -a -m "comment"

で、直接コメントが入力できる。

コミットはローカルのレポジトリにしか反映されていないので、時々は共有レポジトリにも反映させる。

user@mypc:$git push ssh://gitpc/railsproj.git master

最後のmasterとは、反映させるブランチ名のこと。今までブランチ名は何も指定していない。 何も指定していない場合は masterブランチが作成されている(git branchでブランチ一覧が確認できる) とりあえず、これだけ知っておけば使えるはず。

もっと詳しい情報はGitユーザーマニュアルをご覧あれ。