読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Happy My Life

日常とか技術とか

Oracleが配布してるJDK6をUbuntuにインストールする方法

気がつくと、apt-getコマンドでJDK6がインストールできなくなっていた。

(追記)UbuntuのパッケージからJDK6が消えたのは、Oracleによる方針転換によるもの。Oracle、Linux向けJavaの非OSSライセンスを廃止

JDK6がないとAndroidのビルドができない!ということで、OracleのWebサイトにあるJDK6をUbuntuにインストールする方法をメモ。

今回は、Ubuntu Linux 10.04LTS(64bit)にインストールしたが、ほかのUbuntuのバージョンでも同じじゃないかと。

インストールは次の通り

JDK6をセットアップする

最初にOracleのJDKダウンロードのページからJDK6 Downloadを選択する。JDK7もダウンロード可能になっているので、うっかりJDK7をダウンロードしないこと。

JDK6のダウンロードページには、OSごとにパッケージがあり、Linux 64bit版だけでも2つのパッケージが用意されているが、Ubuntu Linux(64bit)にインストールする場合は、jdk-6u31-linux-x64.bin をダウンロードすること(もう一方のjdk-6u31-linux-x64-rpm.binは、RPM形式なのでRedHat,CentOS向け)

で、以下のようにJDK6を展開、インストールする。

$ chmod a+x jdk-6u31-linux-x64.bin 
$ ./jdk-6u31-linux-x64.bin 
$ mv jdk1.6.0_31 java-6-oracle
$ sudo mkdir /usr/lib/jvm
$ sudo mv java-6-oracle /usr/lib/jvm

つづいて、このjava-6-oracleを利用できるようセットアップする。この面倒なセットアップを1回で行なってくれるスクリプトが配布があるので、ありがたく利用させてもらう。

$ wget http://webupd8.googlecode.com/files/update-java-0.5b
$ chmod +x update-java-0.5b
$ sudo ./update-java-0.5b

実行後は、以下の画面が表示されるのでjava-6-oracleを選択する。すると、セットアップスクリプトが実行される。

これでセットアップ完了。あとは、javaが正しく実行できているか確認する。

$ java -version
java version "1.6.0_31"
Java(TM) SE Runtime Environment (build 1.6.0_31-b04)
Java HotSpot(TM) 64-Bit Server VM (build 20.6-b01, mixed mode)

Android SDK逆引きハンドブック
中西葵 内村祐之 高橋良司
シーアンドアール研究所
売り上げランキング: 54842