Happy My Life

日常とか技術とか

QNAP TS-231Pを導入したら、データの取り扱いが楽になった

ってことで、表題にもあるようにQNAPの家庭向けNASであるTS-231Pを11月中旬頃に導入した。一緒に4TBのHDDx2、GigabitのHubも購入。

Synology DiskStation DS216jも検討したのだが、こちらはEthernetのポート数が1つしかなかったので残念ながら見送りに。

結論を先に言うと

TS-231Pを導入すると、写真などデータ管理の大部分をNASに任せることができるようになってかなり楽になった。

なので個人でも導入する価値は十分ある。NASにデータを貯めておいた方が何かと幸せになれることが分かった。

NASは以前から使っていたが…

以前から某社のNASを使っていただが、あまり活用できていなかった。その要因は「転送速度の遅さ」「機能の少なさ」あたり。 転送速度が遅いと、どうしてもNASを使うのが億劫になるので、あまりよろしくないなー、と思いながら数年経ってしまった。

ただ、年々扱うデータ量が増え、某社のNASも導入して3年以上経過したので新調した次第。新調して大正解だった。大正解だった理由は次に書いていく。

続きを読む

Logicool MX ERGO Wireless Trackballがいい感じ

なんだか久しぶりのblog更新。

最近、職場でLogicool MX ERGO Wireless Trackballを使っているので、その感想など。ちなみに、その前はM570ユーザだったりする。

Amazonの評価は賛否両論あるけど、私は評価しているスタンス。

ってことで、M570から乗り換えた感想など、いろいろ書いてみる。

すぐ慣れる

M570からの乗り換えなので、慣れるかどうか少し心配だったが、全くの杞憂で終わった。1時間も使っていれば慣れる。「これ無しには生きていけない!」というまでは、使い心地が向上した訳ではないが、M570とどっちがいい?と聞かれたら、Logicool MX ERGOがよいと答える程度には気に入っている。

手にしっくり収まる

Logicool MX ERGO Wireless Trackballは、傾きを0度と20度の2つから選択できる。私は傾きは20度設定で使っている。以前のM570では、0度の設定相当になるのだが、20度に設定することで、より自然に手に収まる。逆に、M570を使っていると若干の違和感を感じるくらいには。

ボタンの割り当てが変更できる

Logicool MX ERGOをセットアップする際、最初にLogicool Optionsをインストールするように書いてある。

今まで、マウスやトラックボールはOS標準の設定でしか使ってこなかったので、Logicool Optionsをインストールすることでどの程度使い勝手が変わるかが、

今まであまりこの手のソフトは使ってこなかったのだが、色々カスタマイズできるので、やはり入れておくのが良いかと思う。

バッテリー内蔵

地味に不便だったのが、M570は電池式だった点。これがLogicool MX ERGOだとバッテリー内蔵なので電池切れを気にしなくてよい。電池切れたとしても、microUSBケーブルで充電しながら使えばよいだけなので、全く問題ない。

結論

価格に少しひるむけど、効率向上は間違いないのでオススメ。

Androidを支える技術を読んでみて

Android界隈で話題になっているAndroidを支える技術〈I〉──60fpsを達成するモダンなGUIシステム (WEB+DB PRESS plus)を買って読んでみたので、その感想など。

Androidを支える技術〈I〉──60fpsを達成するモダンなGUIシステム (WEB+DB PRESS plus)

Androidを支える技術〈I〉──60fpsを達成するモダンなGUIシステム (WEB+DB PRESS plus)

続きを読む

何度目かのblog移転

何度目か忘れてしまったが、blogのサーバを移転した。

長い間、VPSでWordPressを使って運用していたが、WordPress の脆弱性対策について:IPA 独立行政法人 情報処理推進機構という話題が出たり、サーバのメンテナンスに時間が割けなくなったりしたので、この機会に移転することにした。移転先は「はてなブログ」。

続きを読む