本格的にUnrealEngine4とOculus Rift DK2を使って何か作っていこうとしてる。

UnrealEngine4は、生成されたプロジェクトには、デフォルトでOculus Riftのプラグインが設定されているため、最初に何か設定する必要は無い。

ただ、デフォルトで表示させても普通に表示されるだけ。DK2で表示させるためには、起動後に表示の設定を行う必要がある。

Read More


@youten_redoがなにやら楽しそうにDK2をイジっている様子を見て、勢いでDK2をポチったのが、10月の上旬ごろ。

注文してもすぐには届かない、という話は聞いていたので、UnrealEngine4の学習もあるし、年内に届けばいいやーと気長に構えていたのだが、到着したのが10月20日過ぎ。思ったより早かったのでびっくりした。

で、DK2でソフトを動作させてみるなど、いろいろ体験しての感想などを書いてみる。

Read More


先日、出版社さんより「Android NDKネイティブプログラミング」の韓国語版の本が届いた。

そういえば、原著を出版(2011年7月)して数ヶ月後にオファーが届いてOKを出して。その後いくつか質問を頂いて返答するも、進捗状況あhまったく知らず。つい先日、韓国語版が届いたから送ると連絡を受けた次第。かれこれ3年ぐらいの時を経てようやくリリースされたわけで。

この本は(当時としては最新の)Android 2.3をベースに解説している。技術書というのは割とナマ物に近く、なるべく早くリリースしないとあっという間に陳腐化してしまうのだが。足掛け3年かかってようやくリリースして商業的に大丈夫なのかしら?と人事ながら少し心配になる。

Read More


今回はCIを使ったAmazon S3へのデプロイについて。

Amazon S3へのデプロイ方法はいくつかあるけど今回は、githubやbitbucketのレポジトリとCIを使ってデプロイするようにしてみた。

middlemanの拡張(middleman-s3_sync)を使って、直接Amazon S3へデプロイすることもできるけど、CIを使うことで、githubにpushする → CIがビルド&デプロイしてくれる、という流れになるのでmiddlemanの実行環境がなくてもBlog更新ができる。

とはいっても、gitから何もチェックせずにgithubのリポジトリに反映させただけでは、場合によってCI側でエラーに引っかかって更新されないまま、ということもあるので、結局は手元のMiddlemanのWebサーバで表示などのチェックをしている。 CI使っている意味無いじゃん、とも言われそうだけど、まぁいいか、ってことで、そのまま。

Read More


今回はMiddlemanでblogを構築する話を。

Middlemanは通常の静的サイトを作成するのに向いているが、このサイトを見てもわかるとおりBlogを構築することもできる。

では、Blogを構築すのは大変かというとそうでもない。これは記事表示やパーマリンクなどの管理をサポートしたmiddleman-blogという機能拡張を利用することで容易に構築できるためである。

このmiddleman-blogは公式サイトでも解説されている。MiddlemanでBlogサイトを構築する人は、ほぼ全員がインストールしているのではないかと。

このmiddleman-blogは導入はさほど難しくないのだが、利用するにあたっていくつかのお約束がある。前回紹介したテンプレートでは、既にmiddleman-blogが設定されるため、既にインストールと初期設定が終了しているので、ここでは設定方法や運用を中心に解説していく。

Read More


    Page 1 of 82